【中古車のネット通販】失敗しないための秘訣と注意点の考察

*本ページはプロモーションが含まれています
*本ページはプロモーションが含まれています
車の雑記

車は、事故を起こしていたり、整備が不十分だったり、乗り方が粗かったりと、その状態や仕様によって程度の個体差が非常に激しい商品です。

以前は、町の中古車店で直接車を見て購入することが一般的でした。
しかし近年では、インターネットの普及により、写真や情報だけで実際に見ずに、遠くの中古車店からでも車を購入することが、可能になりました。
ここでは、ネット通販での車の購入におけるメリットとデメリットについて、考えてみます。
それを知った上で、検討するのが良いでしょう。

中古車のネット通販で車購入するメリット

日本中から選択できる

ネット通販では、地域を超えて多くの販売業者の情報を得ることができます。
例えば、北海道に住んでいても、九州や沖縄など遠方の中古車市場にアクセスできるため、希少な車種や特定の条件に合った車を見つけやすくなります。

また、複数の販売業者から、同じ車種を比較することも容易です。
価格や年式、走行距離、装備などを一覧できるため、客観的な判断がしやすくなります。
例えば、同じ車種でもエンジンの状態や装備の違いなどがあり、それらを比較することで、自分にとって最適な車を見つけることができます。
このように、ネット通販を利用することで、日本中の選択肢にアクセスでき、自分にとって最適な車を見つけることができる点が、大きなメリットと言えます。

比較検討のしやすさ

ネット上で様々な車の情報を、直接店舗に足を運ばなくても、自分のスマートフォンやパソコンで、比較検討することができます。
ネット上では、各メーカーの公式サイトや中古車販売サイトで、詳細な情報を入手することができます。

また、ネット通販のメリットの一つとして、リアルタイムで車の在庫がわかるという点が挙げられます。
これによりユーザーは、常に最新の在庫情報を確認することができます。
気になる車種や条件の車が入荷した際に、すぐに把握することができます。
特定の色や装備、価格帯の車を探している場合でも、在庫が入荷したらすぐに通知を受け取ることができます。
これにより時間や労力を、節約することができます。
実際に店舗に足を運ばずとも、自宅やオフィスからネット上で在庫を確認し、興味のある車を見つけたら、すぐに問い合わせや購入手続きを行うことができます。
そのため、車を探すための移動や待ち時間を、省くことができます。

さらに、ネット上では他のユーザーの口コミやレビューも、参考にすることができます。
実際に、その車を所有している人の意見や評価を知ることで、実際の走行性能や燃費、乗り心地などを知ることができます。
また、特定の車種に関する情報を集めるための専門サイトや掲示板もあり、そこでの情報交換や意見交換も参考になります。

さらにネットでは、ヤフオクなどの個人売買の情報も豊富にあります。
中古車店だけでなく個人が販売している車も多く、価格競争が活発に行われています。
そのため、価格面でも魅力的な車を見つけやすくなります。

利便性の向上

ネット通販を利用することで、実際に店舗に行かずとも、ネット上で購入手続きを完了することができます。
車の配送や納車も業者に任せることができるため、時間や労力を節約できます。

ネット通販では、車の見積もりや購入手続きを、直接現地に行かなくても完了することができます。
車の詳細情報や写真を見て、興味を持った車を選んだら、簡単な入力フォームを記入して、見積もりを取得することができます。
その後、購入手続きもオンラインで行うことができ、必要な書類の提出や支払いも、店舗に行かなくても完了することができます。

またネット通販では、車の配送や納車も業者に任せることができます。
購入手続きが完了したら、業者が指定した場所に車を配送してくれるため、自分で店舗に行く手間や時間を、節約することができます。

以上のように、ネット通販を利用することで車の購入手続きがより便利になります。
自宅やオフィスから気軽に車を探し、購入手続きや配送・納車までをスムーズに行うことができます。

中古車のネット通販で車購入するデメリット

実車確認の難しさ

ネット上で見た写真や情報だけでは、実際の車の状態や仕様を、確認することが難しくなります。
特に中古車の場合は、細かなキズや故障箇所などが、見落とされる可能性があります。
また臭いについても、購入に際しての重要な要素になりますが、判断することができません。

ネット上で見た写真や動画は、実際の車の状態を完全に反映しているわけではありません。
写真や動画は照明やアングルによって印象が異なり、車のキズや汚れ、内装の状態などが実際よりも良く見えることがあります。
私は動画を見てフォークリフトをネット通販で買ったことがありますが、1.5tの持ち上げ能力に対して、半分ほどしかありませんでした。
ディーラーで点検してもらったところ、油圧ポンプの不良で修理見積書の金額が25万円でした。
動画上では問題なく動いていても、性能が不十分な場合もあるのです。

動画が出ているからといって、安心してはダメなんだね。

また、車の走行性能や快適性も、実際に試乗しないとわからないことがあります。
ネット上ではエンジン音や挙動、乗り心地などを詳細に知ることが難しいため、実際に試乗して確認することが重要です。
特に中古車の場合は、過去の使用状況や整備状態も重要な要素となりますが、これらをネット上だけで完全に把握することは難しいです。

さらに、車の外観だけでなく、細かな部分や装備の確認も実車でないと難しいことがあります。
タイヤの摩耗具合、エアコンやナビゲーションの機能確認など、実際に車を見て触れて確認することが重要ですが、ネット通販ではその確認が難しくなります。

以上のように、ネット通販で車を購入する際のデメリットの一つとして、実車確認の難しさが挙げられます。
写真や動画だけではなく、実際に車を見て触れて確認することが重要であり、これをネット上で完全に行うことは難しいという点に注意が必要です。

車の査定をしている。

トラブルのリスク

ネット通販ではトラブルのリスクも存在します。
信頼性の低い業者や個人売買の場合、車の状態や取引条件が実際と異なる場合があります。
ネット上に掲載されている車の情報が実際と異なる場合や、車の状態や過去の事故歴を隠している場合があります。
これにより、購入後に思わぬトラブルが発生する可能性があります。

また、不正行為による被害も起こり得ます。
事前に支払いを求められてから車が届かない、車の状態が実際と異なるなどの詐欺的行為があります。
さらに、中には存在しない車を販売してしまう詐欺業者もいます。
これらのトラブルから身を守るためには、信頼性の高い業者やサイトを選ぶことが重要ですが、それでも完全なリスク回避は難しいです。

大手自動車ネット通販のg△△では、転売行為が認められています。
私が買おうと思ってウォッチしていた車が、売れてしまったのですが、1ヶ月後に同じ車が違う業者から出品されていました。
しかも、30万円上乗せされて。
事務局に「転売(カーロンダリング)であり、消費者にとって不利になる行為である」と問い合わせしました。
しかし、転売行為は確認したものの「禁止行為ではない。不満があるなら消費者庁の方へ」という回答でした。

ネットは安く買えるというイメージがあるけど、業者間でキャッチボールされて、最終的には消費者に押し付けられるよ。

アフターサービスの不安

購入後のアフターサービスや修理・保証の対応が、不安定な場合もあります。遠方の業者や個人売買の場合、対応が遅れたり満足のいく対応が得られないことがあります。

ネット通販で車を購入する際のデメリットの一つとして、アフターサービスの不安が挙げられます。
遠方から車を購入した場合、現地のサービスセンターとの距離が遠く、修理やメンテナンスの際に手間や費用がかかることがあります。
また、ネット通販業者や個人売買の場合、保証やアフターサービスの内容や対応が不明瞭な場合もあります。
これにより、トラブルや故障時の対応が、スムーズに行えない可能性があります。

さらに、ネット上で購入した車の修理やパーツ交換の際、正規ディーラーでない場合に、保証が適用されないことがあります。
一部の輸入車の場合は、正規ディーラー以外での修理やメンテナンスを行った場合に保証が無効になることがあります。
そのため、車を購入する際には保証やアフターサービスの内容を十分に確認し、信頼性の高い業者や選ぶことが重要です。

また、事前に説明されていなかった故障や不具合が発生した場合、修理や対応の負担が購入者にかかることがあります。
これにより、返品やクレームの対応がスムーズに行えない可能性があります。

以上のように、ネット通販で車を購入する際にはアフターサービスの不安が存在します。
保証や修理・メンテナンスの対応が不明瞭であったり、遠方でのサービスが難しい場合があります。
これらのメリットとデメリットを考慮し、ネット通販での車の購入を検討する際には、信頼性の高い業者や情報を確認し、慎重に検討することが重要になります。