【車中泊の落とし穴?!】快適な旅にするための注意点5選

*本ページはプロモーションが含まれています
*本ページはプロモーションが含まれています
海を眺めながら車中泊をするカー用品

自由気ままな旅のスタイルとして人気の車中泊。

しかし、その魅力の裏には、事前に知っておくべき注意点も潜んでいます。

せっかくの車中泊を台無しにしないために、快適な旅を阻む可能性のある「落とし穴」を事前に確認しておきましょう。

車中泊の落とし穴

万全な遮光対策を!

「夜明けとともに目が覚めてしまった…」

「外からの視線が気になって落ち着かない…」

車中泊でありがちなのが、遮光対策の不足です。

車種に合わない簡易的なもので済ませてしまうと、窓の隙間から光が漏れてしまったり、外からの視線が気になってしまったりと、安眠を妨げる原因に。

快適に過ごすためには、車種専用設計の遮光グッズを使うなど、徹底した遮光対策が重要です。

遮光対策は車外から車内を見えなくするため、防犯対策にも有効です。

寝具選びは慎重に!

「朝起きたら体がバキバキ…」

「体のあちこちが筋肉痛で睡眠不足…」

慣れない車中泊では、寝具選びも重要なポイントです。

シートを倒しただけの簡易的なベッドや、体に合わない寝袋では、睡眠中に体に負担がかかり、疲れが取れないばかりか、体の痛みを引き起こす可能性も。

自分の体格や車内スペースに合った専用のマットレスや寝袋を用意するなど、快適な睡眠を得られる環境を整えましょう。

油断は禁物!車中泊で起こる「温度差疲労」

日中は暖かくても、夜は冷え込むことが多い車中泊。

「ちょっとくらい大丈夫だろう」と油断して薄着で寝てしまうと、体が冷え切ってしまい、翌朝だるさや倦怠感を感じることがあります。

これが、自律神経の乱れによって引き起こされる「温度差疲労」です。

「まさか」を「快適」に変えられるよう、事前の準備をしっかりとして、自然と調和した素敵な車中泊を体験しましょう!

車中泊場所のルールを確認!

道の駅やサービスエリアなど、車中泊に適した場所が増えてきましたが、場所によっては車中泊が禁止されている場合もあります。

トラブルを避けるためにも、事前に車中泊場所のルールやマナーをしっかり確認しましょう。

また、周囲の迷惑にならないよう、ゴミの処理や騒音にも配慮が必要です。

車中泊の快適性を大幅UP!

換気対策は必須

エンジンを切った状態での車内泊は、酸欠や熱中症のリスクがあります。

窓を少し開けるか、換気扇を設置しましょう。

虫の侵入を防ぐネットも忘れずに。

扇風機 + USB充電器 + LED ライト の1台3役
         ↓

https://amzn.to/4bjt5Ou

温度調節を万全に

夏は暑さ対策、冬は寒さ対策が重要です。

特に夏場の車中泊は、密閉された車内の気温が上がり、寝ている間に熱中症にかかってしまうこともあります。

断熱マット、シェード、寝袋、クーラーボックスなどを活用して、快適な温度を保ちましょう。

温度差疲労を防ぎ、快適な車中泊を楽しむためには、以下の対策を心がけましょう。

服装で調整

就寝時は、脱ぎ着しやすい服装を選び、気温に合わせて体温調節をしましょう。

靴下やネックウォーマーなど、冷えやすい部分を重点的に温めるのも効果的です。

車内温度の管理

窓の結露はカビの原因になるだけでなく、冷気を招き入れてしまいます。

換気を行いながら、断熱シートやカーテンなどで窓を覆い、車内温度を適切に保ちましょう。

道の駅のトイレ

保温グッズを活用

夏場は特に、クーラーボックスなどを活用して、飲み物を用意しておくことが重要です。

車中泊では、とかくトイレに行くことをためらい、そのために飲み物を控えてしまう傾向にあります。

楽しい車中泊のはずが、思わぬ熱中症でダウン、ということにならないためにも、手のすぐ届くところに、冷えたドリンクを置いておくようにしましょう。

今や車中泊では必需品のクーラーボックスは、電源いらずでありながら、高い保温性を発揮する

KRクールBOX Sがおすすめです。

体温の上昇を抑えるためにも、定期的な水分の補給が重要です。

シートを倒してベッドにしたが段差がある

フラットな空間を確保

シートを倒しても完全なフラットにならない場合は、マットレスやクッションなどを活用して、できるだけフラットな寝床を作りましょう。

しかしどうしてもフラットにもならないし、クッションが場所を取るという場合は、車中泊専用のマットがおすすめです。

車中泊専用のマットや寝袋は、コンパクトながら快適な睡眠をサポートしてくれ、疲労感の軽減に大きな役割を果たします。

車中泊専用のマットは、コンパクトになって、収納がかさばらないようなタイプにしましょう。

ONLYSTYLE車中泊専用マット

は、コンパクトで収納に場所をとらないだけでなく、レビュー価格があり、通常の価格から11800円割引きされます。

車内照明は工夫を

就寝時でも少し灯りがあると便利です。

ランタンやヘッドライトを用意しておきましょう。

サンシェードをつけた窓

遮光用品で安心、安眠

快適な車中泊に必須!車種専用設計の遮光用品のススメ

旅の醍醐味をさらに広げてくれる車中泊。道の駅やサービスエリアで気軽に宿泊できる魅力は、多くの旅人を惹きつけてやみません。

しかし、快適な車中泊を実現するには、いくつかクリアすべき課題があります。その一つが「光」の問題です。外からの視線や朝日による車内温度の上昇は、安眠を妨げる大きな要因となります。

そこで活躍するのが、車種専用設計の遮光用品です。

なぜ車種専用設計の遮光用品が必要なのか?

プライバシー保護

車内は外から見やすく無防備な状態です。

車種専用設計の遮光用品は、窓の形状にぴったりとフィットするため、隙間なく光を遮り、プライバシーを守ります。

安眠の確保

朝日は想像以上に早く、強く車内に差し込みます。

遮光対策が不十分だと、睡眠時間をしっかりと確保することが難しくなります。

車種専用設計の遮光用品

は、高い遮光性で朝日の侵入を許さず、快適な睡眠をサポートします。

車内温度の上昇抑制

遮光用品は、日差しを遮ることで車内温度の上昇を抑える効果も期待できます。

特に夏場は、車内温度の上昇による熱中症のリスクも軽減できます。

快適な車中泊は安全運転に繋がる

十分な睡眠をとらずに運転することは、居眠り運転に繋がりかねず大変危険です。遮光対策を万全にし、車内で快適に過ごせる環境を整えることは、安全運転に繋がるだけでなく、旅の疲労回復にも役立ちます。

車中泊を快適に楽しむためには、車種専用設計の遮光用品が欠かせません。

プライバシー保護、安眠の確保、車内温度の上昇抑制など、多くのメリットがあります。

安全で快適な車中泊を実現するために、ぜひ車種専用設計の遮光用品を導入してみて下さい。

まとめ

車中泊は、事前の準備と心構えで、より快適で楽しいものになります。

「こんなはずじゃなかった…」と後悔しないためにも、今回ご紹介した落とし穴を踏まえ、万全の準備を整えて、素敵な車中泊の旅に出かけましょう!