【フロントガラスの油膜】悩むオーナー必見!解決のヒントを大公開

*本ページはプロモーションが含まれています
*本ページはプロモーションが含まれています
カー用品

車を運転していて、光がギラギラして見えにくい、見通しが悪い、油膜が気になるという悩みは誰しもが経験ある悩みです。
なんとかこの厄介な油膜を落とし、スッキリしたいと思っていませんか。
この記事を読めば、そんな厄介な油膜の悩みから解放されるヒントが見つかります。

雨の日の夜の運転などでは、対向車のヘッドライトが放射状に拡散し、目の焦点が合わなくなり、非常に危険です。
安全運転には気を使ってる方でも、油膜問題は案外軽くみていて、放っている状態の方も多く見られます。

フロントガラスがクリアな状態というのは、安全運転にも不可欠なものです。
劣化したワイパーの吹き残しも、雨天時の運転で視界を妨げる原因です。
ワイパーは定期的な交換を行いましょう。
フロントガラスの状態を良好に保つためにも、この記事を読んで油膜の解決のヒントを掴んでいただけたらと思います。

フロントガラスの油膜が厄介な原因

油膜は、排気ガスに含まれる油分や、ボディのワックスがフロントガラスに付着したものです。
油膜は、通常のガラスクリーナーを吹き付けて拭き取っても、簡単に落ちることはありません。
以下にその理由や、除去の困難さについて説明します。

焼き付けられるのが要因

車のフロントガラスに付着した油膜は、一度付いてしまうと、日中の強烈な太陽光で日々焼き付けられてしまいます。

除去の困難さ

焼き付けられた油膜は、水や洗剤だけでは表面に付着した油膜を溶かし、十分に除去することが難しいです。
また、熱によって硬化した油膜はガラス表面に密着し、物理的に取り除くのが困難な状態になります。
この焼き付けられた油膜は、一般的な洗浄では容易に除去できません。

専門的な対処が必要

焼き付けられた油膜を除去するには、専用のガラス研磨剤やポリッシャーなどを使用して、研磨する必要があります。
専用のガラス研磨剤でおすすめなのが、長年の定番であるモデル名プロスタッフ、通称キイロビンです。

キイロビンとは

キイロビンは、その硬度と研磨力から、油膜や汚れを効果的に取り除くことができます。
カーショップやDIY店などでも手軽に手に入り、値段も1000円以下と大変お求めやすくなっています。

準備

直射日光の当たる場所での作業は避け、まずフロントガラスを水洗浄し、大まかな汚れを取り除きます。

磨き作業

キイロビンを、付属のスポンジに適量取ります。
ガラスに均等に、丁寧に磨き込みます。
油膜の濃い部分や頑固な汚れがある場合は、キイロビンの液を弾くような状態になるので、念入りに磨きます。
その際に、丸く磨くのではなく、縦横に磨きます。
またフロントガラス全面を一度に磨くのではなく、狭い範囲の油膜をしっかり除去するようにします。
油膜が除去されると、キイロビンの白い液体がガラス面に塗ったように、均一に広がります。
その作業を繰り返し、範囲を広げるようにします。
磨き終わったら、水でキイロビン液を洗い流し、乾いた布で拭き取ります。

注意点

キイロビンは、強く磨きすぎるとガラス面を傷つける可能性があります。
磨き作業は力加減に注意し、細かいキズがつかないように注意しましょう。
キイロビンを使っても、焼き付いた油膜を落とすには、強く根気よく丹念に磨き込む必要があります。

以上がキイロビンを使ってフロントガラスの油膜を取る方法ですが、シニアにとっては、これがなかなかの重労働なのです。
磨き作業が不慣れな場合は、専門家に相談することをおすすめします。
またマンションなどの駐車場や地下駐車場などの状況によっては、作業をするのが難しいことも考えられます。
こんな方は、プロのカーケア専門店に依頼することが適切です。

油膜取り作業のできるカーケア専門店

そこで、全国展開しているカーケア専門店で、フロントガラスの油膜取り作業のできるところを紹介します。

ジェームス 

お近くの店舗によっては、メニューに取り扱いのないところもありますので、事前にご確認ください。
オンライン予約システム(WEB作業予約)や会員特典などのサービスも充実しています。
利用者はスマートフォンやパソコンから簡単に予約ができるため、長時間待たされることもなく、施工してもらえます。

以上のように、フロントガラスに焼き付けられた油膜は除去が非常に困難であり、専門的な対処が必要になります。
また。効果も時間がたつと弱くなりますので、定期的なケアをすることで、油膜の問題を適切に解決することができます。

洗車は手洗いで行う

フロントガラスに油膜が発生する主な原因として、洗車機を使った時のブラシにワックスが残っていて、フロントガラスについてしまうことがあります。
洗車機のブラシにワックスが残っていると、次のような問題が引き起こされる可能性があります。

フロントガラスへのワックスの付着

ブラシがワックスを含んでいる場合、そのワックスがフロントガラスに付着することがあります。
これによって油膜が形成され、視界の悪化や光の反射が生じる可能性があります。

油膜の蓄積

ワックスが残ったブラシを使用すると、洗車時にそのワックスがガラスに塗布されることがあります。
これが何度も繰り返されると、油膜が蓄積されてしまう可能性があります。

洗車機を使っての洗車は、手軽で便利ではありますが、フロントガラスに油膜を付けてしまう原因ともなります。
洗車するときは手洗い洗車で、フロントガラスを、ボディ洗ったものと同じブラシで洗わないことが大事です。